このツイートを見ると、
施設への入所が申請の条件ではないということですが、
あくまで「申請」なんですね。

実際に「受給」していくには施設への入所が条件となっているんじゃないかと。

今まで一人暮らしした経験がなかったり、精神的な病を抱えている人だったり、
一人暮らししている人でも料理、洗濯、掃除ができていないと判断されたら、
「居宅生活ができるとは認められない」として施設への入所を事実上強制するような運用がなされているんですね。(断ったらホームレスになるので)

保護変更申請却下処分に対して審査請求することにした

本当に居宅生活ができない人は施設への入所を勧めるのはいいとして、
僕は一人暮らししてきたし、一人暮らしする能力(料理、洗濯、掃除、金銭管理など)はあると思っていたので、却下処分に納得ができませんでした。

そこで、保護変更申請却下処分に対して審査請求することにしたわけです。

ちゃんと行政庁の処分に不服がある場合は、審査請求することができることが書かれています。

次回審査請求した記事を書きます。
↓こちらです。

アパート入居のための一時金申請却下処分に対して審査請求してみた